相続税の申告を含めた相続における一連の業務をサポート

相続については、人生に一度あるかないかというのが実情です。
そこで、相続税の概要・相続開始前後の相続税・贈与税・不動産対策、株価対策、延納・物納などの納付制度、遺言書の作成、生命保険の活用、養子縁組など様々な要素を考えて時間をかけて計画していく必要があります。
野口会計事務所では、相続発生前、発生後それぞれの状況にあわせたサービスをご用意しております。

サービス内容

  • 相続発生前

    相続対策・贈与税申告

  • 相続発生後

    相続税申告書作成に伴うサービス

相続は人生に一度あるかないかというものです。
いざ発生したときのために事前にしっかりと計画しておくことが必要です。

  • 1.現状分析

    現状分析を行い、資産を整理のうえ課税財産総額を算出
    相続に関して対策を立てる上で重要なことは、まずはしっかりと現状を正確に把握することです。
    保有資産について、 土地、建物、有価証券、預貯金、その他の財産などを課税財産としてまずは把握いたします。

  • 2.財産の分類

    財産の分類分けを行い、相続税試算額を算出
    現状分析をしっかりと行ったうえで、相続税試算額を算出します。
    財産を相続する財産、納税用財産、活用する財産に分類したうえで、それぞれの目的に応じた相続プランを考慮いたします。

  • 3.納税資金の確保、節税

    納税に必要な現金(物納財産)のための対策を実施します。
    納税の原則は金銭一時納付です。納税に必要な現金がなければ今の段階で資産を換金するか、 現金を生み出す仕組みを作る必要があります。
    評価減の活用、生命保険の活用等を行うことに加えて、課税財産の圧縮も行います。

被相続人の方が亡くなられてから、相続税申告までの流れをご説明します。

被相続人の死亡(相続開始)→死亡届の提出→葬儀→遺言書の有無の確→遺産・債務等の概要の把握→相続の放棄又は限定承認→所得税の申告と納付(準確定申告)→必要書類等の入手→遺産分割協議書の作成→遺産や債務等の調査・評価・鑑定→相続税申告書の作成→相続税の申告・納税→遺産の名義変更手続

お気軽にご相談ください

Call: 077-523-0077

お問い合わせフォーム